掃除が苦手な人は余計なものを置かないことが大切です

他人を部屋に招いたときに、よく綺麗なお部屋ですねと言われます。

掃除が苦手な人は余計なものを置かないことが大切です

掃除が苦手な人は余計なものを置かないことが大切です 他人を部屋に招いたときに、よく綺麗なお部屋ですねと言われます。かと言って、決して掃除が得意なわけでも、好きなわけでもありません。そんな私の暮らしている部屋が他人から綺麗だと言われる理由は、部屋に余計なものがないからだと思います。つまり、掃除が上手でなくても、綺麗だと思ってもらえる部屋の状態を維持するためには、余計なものを置かないということだと思います。

単純な話ですが、物が増えれば増えるほど掃除は手がかかるようになります。ですが、あまり物がないと殺風景な部屋になってしまいます。そこで大切なことは、必要なものを知るということです。必要なものは全部そろえておいて、あくまでも不必要なものを置かないということです。これは、捨てるのは、なんだか勿体ないと感じるものは不必要なものだという事を理解することから始まります。必要だけど捨てようかなと思う人はいません。ですから、捨てるのは勿体ないと思う物は、確かに捨てるのは勿体ないかもしれませんが、なくてはならないものではないということです。こういったものを捨てていくことができれば、部屋の中には必要なものばかりになり、スッキリと片付いた状態を維持しやすくなるのです。

Copyright (C)2014掃除が苦手な人は余計なものを置かないことが大切です.All rights reserved.